ぷっちー肌の栄光と挫折

ぷっちー肌の栄光と挫折【第一章】

更新日:


シワが増えてる

管理人もんぷちことぷっちーの過去のお肌の栄光と挫折の歴史です。

無駄に長いよ!

簡単な管理人の説明はコチラ>>管理人について

【ピチピチ少女時代】

学生時代

特に大きな肌トラブルに悩まされたことがなかった少女時代。

ニキビや吹き出物などは時々あったけど一つ二つポツンと出来るくらいだったから皮膚科に行くほどでもありませんでした。

けっこう何を使っても丈夫な肌だったと思います。

【まだまだツヤツヤ20代】

20代のOL
※あくまでもイメージ図

仕事をバリバリこなしていた20代。

 

疲れて帰って来て化粧を落とさず寝てしまう

 

とか今考えると信じられないことを平気でしていました。
徹夜やそれに近いことをしても「キツイわー。今日2時間しか寝てないわー。」など地獄のミサワ的発言をしても肌はツヤツヤと元気。

しかし25歳を過ぎたころから

 

「あれ?肌の調子悪くない?」

 

って思うことが多くなり肌の乾燥が気になるように。今思えばそれお肌の曲がり角、折り返し地点だったのでしょうね(遠い目)

いちばんショックだったのが朝バッチリメイクして会社でメイク直しをしようと鏡を見たら

 

「ファンデがほうれい線にクッキリ線を作っていた」

 

のを発見し顔が青ざめた経験をしたのものもこのころ。

【何かおかしいと歯車が狂い始めた30代】

結婚・出産を経て自分のことよりまず子供。家族優先になった30代。正直この頃って子育てに必死で

 

鏡で自分の顔すら毎日見てなかった(実話)

 

働いていた時代にしていたフルメイクはどこへやら。メイクどころか化粧水すらつけずに寝てしまうこともしょっちゅう。
そしていちばん恐ろしいのは

平気ですっぴんで外に出ていた(((( ;゚Д゚)))

子供と公園へ行くにも日焼け止めすら塗らず平気で外に出ていました。まぁほんと恐ろしいんですけど。

肌の調子に全く気づかなかった&気づく余裕がなく30代は過ぎ去っていくのでありました。

【アラフォー・そして伝説へ】

子供も小学生になり少しずつではありますが自分の時間もとれるように。
仕事も再開しそれなり毎日メイクをすることになってふと鏡に映った自分の顔を見ると・・・

 

ん?こんなところにこんな細かいシワあったっけ??

ん?シミの斑点ってこんなにいっぱいあったかしら??

ん?疲れてないのに疲れた顔してる??

ん?頬の毛穴が丸じゃなくて涙型になってる???

40代の肌

自分の顔なのに疑問符がいっぱいついていることに気がつくことに。

そして私が本気でアンチエイジングをしよう!!と切羽詰る事件が起きるのでした。
>>to be continued

保存

保存


最近の投稿

カテゴリー

-ぷっちー肌の栄光と挫折

Copyright© ぷっちーのしわ・たるみ絶許宣言(*^_^*) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.