使ってみました アンチエイジング日記

昔ながらの馬油効果?乾燥肌向けおすすめの使い方

更新日:


元々乾燥肌の肌質ですがこの時期になるとより一層砂漠のようなカラカラ肌になってしまう今日この頃。

現在、メディプラスゲルを毎日のスキンケアに使ってるんだけどこれだけだと特に夜の保湿がちょっと物足りない気持ちになってきました。そう、それはたぶん季節や肌質の問題だけじゃなく老化のせいな気が・・・年取ると水分だけじゃなく油もなくなるよね。

 

スーパーでビニール袋が開けられなくなったら気を付けて!!

 

なにか保湿力の高そうな美容液、クリーム、オイル系の化粧品がもう1品欲しい。メディプラスゲルにはもうワンランク上のラインのメディプラスゲルDXというエイジングケアラインがあるけどなんせお値段が高い。(130g10.800円)なかなか庶民の主婦には気軽に手が出せません(´・ω・`)

そんなとき、ふと思い出したのが「馬油」

うん、馬の油です。馬の油。ドラッグストアの片隅に申し訳ない感じに置いてあったりおばあちゃんちとかに置いてそうな昔ながらのヤツ。

私が買ったのは薬師堂の尊馬油(ソンバーユ)。馬油といえばこれがいちばんメジャーだと思います(ぷっちー調べ)

なんで馬油かっていうとむかーしむかしピチピチOL時代に一度馬油を使ったことがあるんですね。そのときは不摂生な生活とストレスで肌がボロボロでBAさんに勧められるがままにたっかい化粧品を次々と買わされそれでも肌が回復すると信じて使っていたんです。

が、肌は一向に良くなる気配はなく...そんなとき某デパートの物産展で無理矢理オバちゃんに勧められたのが馬油。(ソンバーユかどうかは覚えてないんだけど)

当時は洗顔後⇒馬油の超シンプルケアだけで肌が回復したんです。馬油スゲエと思いました。

で、その過去の栄光を思い出してまた昔ながらの馬油を使ってみるかと思い出し現在。

さすがに洗顔⇒馬油だけでは水分がないので

「洗顔⇒化粧水(現在はメディプラスゲル)⇒馬油」と使ってみました。

馬油自体はほとんどニオイはないです。油なのでつけすぎダメ。絶対。少量を顔に抑える程度つけます。

 

が、

 

あれ?なんかいまいち?(´Д`)

 

昔はけっこうよかったような気がするんだけど私の記憶が美化しているのか肌が老化しすぎたのか馬油をつけても肌にこれといった変化は特にありませんでした。

馬油、期待外れか・・・チッ
と思っていたのですが@コスメやソンバーユのHPを見てみたら・・・
私の使い方が間違っていたようです_:(´ཀ`」 ∠):_

おすすめの馬油の使い方

そもそも馬油は人間の皮脂によく似た性質を持っていて肌への浸透力が高い油です。
肌への浸透力が高いということは使い方としては

洗顔⇒馬油⇒化粧水

の順番にして馬油は化粧水の前に浸透力を高める目的で使うブースターの役割として使わなくちゃいけなかったんですね。

オイルだからてっきり化粧水の後だと思っていた自分涙目。

もちろん化粧水の後に使っている人もいるみたいなので絶対の決まりはないです。私も昔は洗顔⇒馬油だけだったし。

とりあえず私も「洗顔⇒馬油⇒化粧水」の順で使ってみることにしました。

正直、オイルを塗ってから化粧水って浸透するのか???と思っていたけど肌が馬油で柔らかくなっているから化粧水の浸透もいい感じです。

が、しかし私はメディプラスゲルを使った後に目元や口元とか気になる部分の保湿をしたいのです。だから馬油だとちょっと違うのかも。

でも馬油自体は顔に塗るだけじゃなく髪にも身体にもOKだし軽い火傷やかゆみ止めなんかにも使えます。この時期、毎年手荒れがかなり酷くてハンドクリームなんかじゃ全然手がしっとりしてくれなかったんだけど馬油にしてからかなり緩和しているのでこのままひび割れしないでいてほしい。ニベアとかクリーム系のものと混ぜても相性がよいです。

1個あるとかなり使い勝手がいいので久々に買ってよかったと思いました(/・ω・)/

保存


最近の投稿

カテゴリー

-使ってみました, アンチエイジング日記

Copyright© ぷっちーのしわ・たるみ絶許宣言(*^_^*) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.