毛穴の悩みには美容液!美容液の種類や選び方をご紹介!

投稿日:

毛穴の悩みには美容液!美容液の種類や選び方をご紹介!

毛穴が黒ずんでいる、開いているなど、毛穴の悩みは人それぞれです。

しかし、毛穴の悩みはなぜそれが起こっているのか、その原因をしっかりと突き止めなければ正しいケアを行うことができません。

また、毛穴の悩みの原因がわかったとしても、自己流の間違ったケアを行ってしまうと、改善どころかどんどん悪化させてしまうことも考えられます。

この記事では、毛穴トラブルの種類やそれが起こる原因、そして、それらのトラブルを美容液で改善する方法について解説しています。

なんらかの毛穴のトラブルでお悩みの方は、まずは毛穴トラブルの原因を知り、正しい方法でケアをしてみてくださいね。

毛穴の悩みはひとそれぞれ!あなたの毛穴はどのタイプ?

それではまず、毛穴トラブルの原因についてご紹介していきますので、ご自身の生活習慣やスキンケアで思い当たる節がないか確認してみましょう。

黒ずみ毛穴

黒ずみ毛穴の原因は以下の3種類に分類されていますので、まずはご自身の毛穴の状態をよく観察してみてください。

角栓の詰まり

毛穴の内部に古い角質や外部からの汚れ(メイクの残りなど)が詰まると、やがてそれが酸化して黒色に変化します。

この内容物を角栓といい、そのまま放置していると酸化が進み、ますます黒ずみが目立つことがあります。

紫外線による色素沈着

普段から紫外線対策をしていない方の場合ではメラニン色素の生成量が増えて、毛穴のやや深い部分が日焼けすることがあります。

そして、その日焼けが定着すると、色素沈着が起こって毛穴が黒ずんで見えます。

産毛の影

毛穴をよく確認してみて細かい産毛がたくさん生えているときには、密集した産毛のせいで黒ずみが起こっているように見えることがあります。

この場合では、毛穴自体に問題が生じているわけではありませんので、産毛処理を行えば解消できるでしょう。

開き毛穴

もともと皮脂線が大きい方の場合では皮脂の過剰分泌が起こることが多く、これが開き毛穴の原因になります。

このように皮脂分泌が多いと、それを改善しようとして過剰な洗顔を行う方がいますが、それは逆効果です、

というのは、洗顔で皮脂を落とし続けるとバリア機能が失われ、それを修復する目的からさらに皮脂の分泌量が増え、毛穴の開きが目立つようになります。

反対に、過剰なスキンケアなどによってバリア機能が破壊されてしまうと乾燥肌が起こり、お肌のキメが粗くなって毛穴が目立つことがあります。

お肌全体を確認してみてざらつきが気になる、ツヤがないなどの状態が起こってるのなら、それは乾燥肌が進んでいる可能性が高いでしょう。

このようなときには、過剰なスキンケアを中止した上で保湿ケアを行うことが大切です。

たるみ毛穴

毛穴が下方に垂れ下がって涙型に広がっているのなら、頬のたるみが同時に起こっていないか確認してみましょう。

頬にたるみが生じると、その重みに引っ張られるようにして毛穴が下方に向かって開きます。

そして、この状態を放置していると、やがて毛穴同士が結合してさらに開きが目立つことがありますので、たるみ毛穴をひとつ見つけたら、できるだけ早急にケアを開始しなくてはなりません。

お悩み別・美容液の上手な選び方

ご紹介してきた通り、毛穴トラブルは3種類に分類され、それぞれにケア方法が異なります。

ご自身の毛穴トラブルがどのタイプか把握したら、以下でご紹介するケアを今すぐに開始しましょう。

それでは、それぞれの毛穴に対するケア方法と、改善に役立つ美容液についてご紹介していきます。

黒ずみ毛穴に必要なのは○○とこの美容液

毛穴の黒ずみはる美容液だけで改善することができず、美容液プラスアルファのケアが必要になります。

蒸しタオルケア

入浴時の毛穴が開きやすくなるタイミングを狙って、蒸しタオルで毛穴を温めて角栓を自然に排出させるケアです。

方法はとても簡単、湯船に浸かりながらお肌に当てるというお手軽さで、特に角栓が詰まっている方の場合では、この方法を実践しただけで角栓がニュルニュルと出て、毛穴の印象がすっかり変わることもあります。

ただし、蒸しタオルケアのあとにはすぐに皮脂が分泌されてきますので、お風呂上がりには時間を空けずに化粧水や美容液でケアをしましょう。

また、紫外線による毛穴の黒ずみが気になる方は、美容液だけではなく普段から紫外線をブロックする対策を行いましょう。

日焼け止めクリームはじめ、化粧下地やファンデーションにも紫外線ブロック効果を期待できるタイプがありますので、そのような化粧品を上手に活用してみましょう。

黒ずみ毛穴にはこの美容液

高い保湿効果を期待できるセラミドを配合した美容液がおすすめですが、フラーレン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分もおすすめできます。

ここで、「角栓が取れた毛穴に保湿成分を送り込むと余計に角栓が詰まりやすくなるのでは?」と考えるかもしれませんね。

しかし、角栓が取れたあとの毛穴は開いた状態であるため、保湿成分でケアをしておかないと皮脂分泌が増え、新たな角栓がすぐに生成される可能性があります。

つまり、新たな角栓を作らないためには、角栓が取れた直後に保湿ケアを行い、毛穴を保湿成分で満たしておく必要があるということです。

また、紫外線の色素沈着でお困りなのであれば、ビタミンC誘導体配合の美容液がおすすめです。

ビタミンC誘導体には水溶性、脂溶性、これらを合わせた両用性がありますが、お肌への馴染みや吸収力の速さで選ぶのなら、APPSなどの両用性ビタミンC誘導体がおすすめできるでしょう。

開き毛穴には引き締め効果を期待できるこの美容液

開き毛穴の改善に効果的な美容液は、その原因によって異なります。

皮脂の過剰分泌ならこの成分

皮脂の過剰分泌で開いてしまった毛穴には、ビタミンC誘導体またはビタミンE誘導体配合の美容液がおすすめです。

これらはともに強い抗酸化作用を持っており、毛穴の引き締め効果だけでなくエイジングケア効果も期待できます。

乾燥肌ならこの成分がおすすめ

乾燥肌で毛穴が開いてしまっている場合には、ビタミンC誘導体やビタミンE誘導体では刺激が強く逆効果になることがあります。

乾燥肌の方は、まずはセラミドやフラーレンなどの保湿ケアを行って、乾燥肌を間然するところから始めましょう。

手ごわいたるみ毛穴はエクササイズと美容液でケア

頬のたるみは、表情筋の衰えや皮下のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の減少が原因で起こると考えられています。

そして、頬のたるみに伴うたるみ毛穴の場合では、まず、何を置いてでも表情筋を鍛えるエクササイズを行うことが大切です。

有名なエクササイズには「アイウエオ」運動がありますので、ぜひ、今日から実践してみましょう。

このエクササイズは、大きく口を開いてゆっくりと「アイウエオ」と発音するという簡単なものですので、1日数回実践することを心がけてみてください。

たるみ毛穴には成長因子がおすすめ

筋肉の衰えや皮下の美容成分の減少の原因、それは加齢です。

つまり、たるも毛穴を改善するためにはエイジングケアが必要だということで、それに最もおすすめできるのが成長因子を含むプラセンタエキス配合美容液です。

また、成長因子に分類されるEGF配合の美容液もおすすめできます。

EGFにはお肌のターンオーバー促進効果を期待できますので、光老化によるシミや小じわの改善にも役立つでしょう。

注意!美容液によって使うタイミングが異なります

一般的に、美容液は化粧水でお肌を整えたあとに使用しますが、美容液によっては洗顔直後に使用するタイプもあります。

また、目元や口元など、ピンポイントで使用するタイプや顔全体に使用するタイプなど、製品によって使用方法が異なりますが、毛穴ケア目的で美容液を使用するのなら、顔全体に対応したタイプを選ぶと良いでしょう。

毛穴改善にプラスしたいケアはこれ!

上記では、毛穴トラブルの種類ごとの基本的なケア方法をご紹介してきましたが、さらに以下のケアをプラスすれば、より一層の毛穴トラブル改善効果を期待できます。

スクラブ洗顔の角質除去で引き締まった毛穴へ

スクラブ洗顔料には古くなった角質を除去する効果を期待できますので、ターンオーバーの正常化を図りたい方は、週1回程度を目安として実践してみましょう。

なお、スクラブ洗顔料にはさまざまな種類がありますが、お肌への刺激が弱く、なおかつ角質除去効果が高いのはコンニャクスクラブです。

このスクラブは他のスクラブよりも柔らかく、お肌への刺激が少ないという特徴があるため、角質層を無理に削り取る心配がほぼありません。

ただし、あまり頻繁に行うと乾燥肌や過剰な皮脂分泌を招くことになりかねませんので、週1回、多くても週2回という頻度を守って実践してくださいね。

ピーリングでターンオーバーの正常化!これ以上毛穴を広げない!

毛穴に詰まっている角栓の成分は、その約70%がタンパク質で占められているといわれています。

つまり、このタンパク質成分を除去できれば黒ずみ毛穴を改善できるということになりますが、角栓を無理に絞り出すと皮脂生成スピードが速まるため逆効果です。

このような状態を避けるためには、週1回程度市販のピーリング剤による角質ケアを行うことをおすすめします。

ピーリング剤やスクラブ洗顔料には角栓を溶かす作用はありませんが、これらの化粧品で古い角質層を優しく取り除くことにより、毛穴に詰まった角栓除去効果も生まれます。

古い角質を取り除く効果を期待できるという点ではスクラブ洗顔もピーリングケアも同様なのですが、市販のピーリング剤にはフルーツ酸が配合されているため、スクラブ洗顔よりも高い素角質除去効果を期待できるでしょう。

なお、ピーリングケアもまた頻繁に行うと逆効果になりますので、週1回程度を目安として行ってくださいね。

美顔器で内部から毛穴ケア

さらにディープなケアをしたいというときには、美顔器を使用してみるのもひとつの方法です。

毛穴ケアにおすすめできる美顔器には以下の種類がありますので、ご興味がある方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

イオン導出・導入

イオン導出は汚れを引き付ける働きを持つプラスイオンで毛穴クレンジング、イオン導入は美容成分を引きつけるマイナスイオンで化粧品の浸透性を高める作用があります。

特に角栓野黒ずみがなかなか改善されずにお困りの方にはこれらのケアがおすすめできますので、もしも余裕があれば、これらの機能を搭載した美顔器でのケアも検討してみることをおすすめします。

また、ターンオーバーの遅れによって古い角質が蓄積されると、化粧水や美容液の浸透が遅いと感じることがありますので、そのようなときにはスクラブ洗顔またはピーリングケアとともに、イオン導出と導入を行ってみると良いでしょう。

私たちの肌の一番表面、角質層はプラス(+)イオンが多くなっています。

しかしその内側の顆粒層はマイナス(-)イオンでアルカリ性に保たれ、互いに反発しあい、角質層と顆粒層の間には電気の膜ができています。この電気の膜をバリアゾーンといい、肌を保護する意味で重要な役割を果たしています。

しかし、同時に美容有用成分の浸透を妨げてしまうというマイナス面も持っており、この電気の膜に阻まれて、美容有用成分は角質層よりも奥に浸透することができません。

イオン導入器で肌に電流を流すと、角質層と顆粒層が中性に傾き、反発が弱まります。すると浸透の邪魔をしていた電気の膜の働きが弱まるので、 美容有用成分を肌の奥まで届けることができるのです。

引用: www.hibiya-skin.com

RF

ラジオ波または高周波と呼ばれる熱を皮下に送り込み、コラーゲンの生成効果を狙える機能です。

実際にRFをお肌に照射すると、じんわりとお肌が温まるのがわかりますので、血行不良によるくすみでお悩みの方にもおすすめです。

RFの効果は一朝一夕には現れませんが、数カ月間継続してケアを行うことが開き毛穴やたるみ毛穴の改善に役立つでしょう。

高周波(RF)は、皮内や皮下組織内を減衰せずに透過し、設定した深度にある組織温度を上昇させます。

プラスとマイナスの電気刺激によって細胞がゆれて摩擦熱が発生します。

その加熱作用によって血液・リンパ液の流れも促進され、排出作用や組織活性もスムーズに働き循環を整えます。

ダメージを与えることで真皮層のコラーゲンも増加させます。

しわ・たるみに対して現時点でもっとも有効的な治療方法として高周波治療が活用されています。

引用: www.yamamedi-spa.com

おすすめできない毛穴ケアについて

毛穴のお悩みは、それぞれのタイプに適したケア方法を実践することにより、徐々に改善されるでしょう。

しかし、毛穴トラブルを素早く改善したいと考えるあまり自己流の間違ったケアを行ってしまうと、現在の状態が悪化してしまうことがあります。
では、それはどのようなケア方法なのでしょうか?

シートパックの乱用

角栓の瞬間的な除去に役立つのがシートパックの使用ですが、このケアを頻繁に行うと皮脂分泌が増え、よけいに角栓が作られやすくなります。

シートパックを使用すると、「カパッ」と気持ちがいいくらい角栓が取れることがありますので、これが病みつきになってやめられなくなる方が多いという話を耳にします。

しかし、瞬間的な角栓除去に役立つケアであっても毎日行うなどの無茶をすれば、皮脂分泌が増えたり角質層を剥がし取って肌荒れが起こったりと、いいことがありません。

どうしてもシートパックを使用したいのなら、最低でも1週間程度の間隔を空けて行うことが望ましいといえるでしょう。

油とり紙の乱用

皮脂分泌の多さでメイク崩れが気になるとき、ついつい使いたくなるのか油とり紙です。

しかし、油とり紙で頻繁に皮脂を取り続けると、これもまた過剰な皮脂分泌を呼び込んで角栓や開き毛穴の原因をつくり出すことになります。

油とり紙の使用が悪いということではありませんが、頻繁な使用はおすすめできません。

皮脂浮きによるメイク崩れが気になったら、とりあえず油とり紙を使用するのではなく、ティッシュで軽く押さえる程度に留めておきましょう。

ティッシュには油とり紙ほどの油分吸着能力がありませんので、皮脂の過剰分泌の原因になることはまずありません。

まとめ

毛穴トラブルは、黒ずみ毛穴、開き毛穴、たるみ毛穴に分類でき、それぞれに起こる原因やケア方法が異なります。

つまり、毛穴トラブルを改善するためには、まずそれがどのタイプのトラブルなのかを見極め、原因を取り除くところから始めなければならないということです。

また、毛穴トラブルは一夜にして起こるものではなく、長い時間をかけて起こっていますので、その改善には長期間を必要とすることがありますが、根気よく続ければ徐々に効果が現れてくるでしょう。

毛穴トラブルの改善ケアを開始したら、1日単位で一喜一憂するのではなく、月単位でお肌の状態を見守ることを心がけることをおすすめします。

-アンチエイジング日記
-,

Copyright© ぷっちーのしわ・たるみ絶許宣言(*^_^*) , 2019 All Rights Reserved.